Loading...
ugoku donchan
title
  • ITコンサルティング
  • 業務アプリ設計・開発
  • インフラ系設計・開発

midashiCOMPANY PROFILE

ドラドンシステムでは
一緒に働く仲間を募集しています。

donchan

midashiDORADON NEWS

2020年11月12日

【採用情報、社員紹介ページ更新】

採用情報社員紹介の各ページを更新しました。

社員紹介には、遅くなりましたが、本年3月入社のニューフェースの紹介も御座います。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

2020年11月6日

【湘南工科大学が落雷位置データを海上保安庁「海洋状況表示システム(海しる)」へ提供開始】

湘南工科大学・成田研究室が、研究開発を行っている「落雷位置標定システム(LLS)」のデータが、10月30日から海上保安庁「海洋状況表示システム(海しる)」のモバイル版へ提供されるようになりました。

「海洋状況表示システム(海しる)」への四年制私立大学からの情報提供は初の事例となります。

改めて、お慶び申し上げます。

本日、湘南工科大学において、このデータ提供開始にかかる式典が行われました。

弊社も式典に参加させて頂きました。

弊社は、2018年から湘南工科大学・成田研究室向けに構築支援を行わせて頂いておりますので、このような晴れの席に同席が叶いましたこと、大変、光栄に存じます。

システムの安定稼働性向上、運用監視の効率化、データ保存の信頼性向上等、まだまだ対応すべきテーマが御座いますので、少しでもお役に立てるよう、今後、より一層努めさせて頂きたく思っております。

2020年11月1日

【弊社に対する電話、メールでの勧誘について】

まずは、お問い合わせをご覧下さい。

弊社HPを見たと前置きしての電話、メールを頂戴することが多々御座いますが、失礼ながらご覧頂けていないように感じます。

もし本当に、ご覧頂けているとしたら日本語読解力があるとは思えません。

特に求人情報系、案件募集系の企業の方々、五月雨式で電話、メールでの営業はかなり時代遅れと感じております。

また、抗議のメールを差し上げても、まず返信はなく、挨拶も出来ないのは、企業としての資質に大いに疑義を感じます。

そう感覚の企業様とは、お付き合いが難しいのではないかと考えております。

また、NTT等通信会社の代理店を名乗るコンシューマ向けサービスの勧誘を法人に行う感覚が理解できません。

ターゲットが違いますので、そのくらいは考えて行動頂ければ幸いです。

繰り返し警告しておりますが、ご理解頂けておりませんので、今後、守って頂けない場合は、企業名・連絡先・担当者名を公表し、程度の低さを公知させて頂きます。

【Fax受信について】

実在しない企業名を名乗った程度の低い融資詐欺のFax受信が増えております。

番号通知のない受信、携帯Faxサービスを使用したと推察される受信については、一律受信時に内容を確認することなく削除しております。

Faxを送信される際は、ご注意の上、送信頂きたく、お願い申し上げます。

【中国ドメインの拒否】

通販サイトやカード会社を騙ったフィッシング詐欺メールの多くが、.cn(中国ドメイン)を使用して送信されていることから、弊社では、.cnを一律受信拒否設定致しました。

このような行為を積極的に取り締まらないばかりか、国家として助成し推奨している当該国のフィッシング詐欺等を使用した国家規模でのサイバーテロ行為と認識しております。

【気象ビジネスコンソーシアム(WXBC)へのお誘い】

弊社は2019年4月から気象庁が取り纏めております「気象ビジネス推進コンソーシアム」(WXBC)に参加させて頂いております。

「気象ビジネス推進コンソーシアム」(WXBC)は、産学官連携による気象データを活用したビジネス(気象ビジネス)の推進を目指して、気象、IoT、AI等の専門家や幅広い産業分野の企業、気象事業者等を構成員として活動している集まりで、これまで参加させて頂いたセミナーや勉強会、また組織内のワーキンググループでは、気象学の基礎、気象データの取り扱い方のほか、幅広い業種の取組みやAIツール等最先端の技術動向についても触れることができ、とても役立っております。

是非、興味のある方は、WXBCのホームページPをご覧頂き、活動に参加頂ければ幸いです。

また、組織内のワーキンググループに人材育成WGがあり、弊社は今年度、グループ勉強会の1つとして「新型コロナウイルス×気象データ」の取り纏めも行っております。

こちらの勉強会では、感染学や新型コロナウイルスについて研究等を行っている方の参加を強く求めております。

いまいま、感染者データと気象条件の相関性は、季節性インフルエンザのように顕著にはない可能性も指摘されておりますが、まずは様々なデータを使用し検証してみたく考えております。

ご協力頂ける方を募集しておりますので、一緒に活動して頂けますと嬉しく思います。

【新型コロナウイルス(COVID-19・武漢ウイルス)対策について】

全国的に再び微増傾向を示し、季節性インフルエンザの流行期も始まっていることから、弊社としては、6月20日に発表しております対策を緩めることなく緊張感をもって日々業務を行っております。

以下、対策内容を再掲致します。

1.手洗い、うがい、消毒、マスクの装着等、感染予防として有効な手段の徹底

2.中国・韓国及び感染が確認されている地域への渡航禁止

3.中国・韓国及び感染が確認されている地域からの渡航者との接触禁止

4.感染拡大が指摘されている接待を伴う商業施設への出入禁止(俗にいう夜の街クラスターへの対応)

5.三密状態になる施設、イベントへの出入禁止

6.東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬以外へ移動を要する場合は、事前に会社の許可を得るものとする

7.会社に許可を得た上で、通勤混雑時間帯を外した移動の推奨

8.会社に許可を得た上で、自宅作業の推奨

9.社員は毎朝検温を行い、指定の記録シートを提出、体調不良を感じた場合は、速やかに会社に報告し、指示を受ける

10.客先及び関係先、家族及びその家族の就学先、就業先で、感染を疑われる方が発生した場合、速やかに会社に報告し、指示を受ける

可能な限り、業務に影響しないように対応したく考えておりますが、社員、その家族の健康、命の安全を第一に考え対応致しますので、関係各位におかれましたは、何卒、ご理解賜れますよう、謹んでお願い申し上げます。

【トップページの写真】

11月になりましたので、トップページのヘッダーのスライド画像(季節の写真)を変更致しました。

今回は、2020年11月1日に港北ニュータウンの都筑中央公園で撮影した落ち葉です。

映っている犬は、ミニチュアダックスフントのハッピーです。

【韓国対応措置の強化の継続】

2019年1月11日に発令致しました韓国への渡航禁止、韓国製品及び企業にかかる提案対象の除外措置を継続しております。

本処置については、敵対的な態度を該当国及びその国民、国籍を有する者(在日籍を含む)が、改めない限り、解除する予定はありません。

このような処置にヘイトとの批判も頂戴しておりますが、弊社としては、逆に日本に対するヘイトであると考え、断固抗議するものであります。

暴力的な敵対言動を平然と行い、嘘を躊躇いなく言う民族から社員とその家族、お客様の利益を守ることは、日本国に籍を置く法人として当然の責務であり権利と理解しております。

【採用について】

2020年度の募集を実施しております。

画像解析、画像認識、人工知能等の技術にからむ提案や実証実験の対応、自然災害に対する防災・減災・安全に寄与するシステム作り、気象ビジネスへの対応を本年度も継続して実施しております。

特に気象ビジネス対応の増員は急務と考えております。

弊社の社内イベント等は、随時、弊社Facebookページで公開中です。

2020年10月1日

【推奨研究の実施】

令和2年9月1日から令和3年3月31日までの研究期間、湘南工科大学成田研究室に対し推奨研究支援を実施致します。

2018年から行っております「雷放電位置標定システムの高度化による防災支援ツールに関する研究」に対する支援となります。

自然災害による被害が年々深刻化している現状から微力ながらお役に立てればと努めて参りたく考えております。

【気象ビジネスコンソーシアム(WXBC)へのお誘い】

弊社は2019年4月から気象庁が取り纏めております「気象ビジネス推進コンソーシアム」(WXBC)に参加させて頂いております。

「気象ビジネス推進コンソーシアム」(WXBC)は、産学官連携による気象データを活用したビジネス(気象ビジネス)の推進を目指して、気象、IoT、AI等の専門家や幅広い産業分野の企業、気象事業者等を構成員として活動している集まりで、これまで参加させて頂いたセミナーや勉強会、また組織内のワーキンググループでは、気象学の基礎、気象データの取り扱い方のほか、幅広い業種の取組みやAIツール等最先端の技術動向についても触れることができ、とても役立っております。

是非、興味のある方は、WXBCのホームページPをご覧頂き、活動に参加頂ければ幸いです。

また、組織内のワーキンググループに人材育成WGがあり、弊社は今年度、グループ勉強会の1つとして「新型コロナウイルス×気象データ」の取り纏めも行っております。

こちらの勉強会では、感染学や新型コロナウイルスについて研究等を行っている方の参加を強く求めております。

いまいま、感染者データと気象条件の相関性は、季節性インフルエンザのように顕著にはない可能性も指摘されておりますが、まずは様々なデータを使用し検証してみたく考えております。

ご協力頂ける方を募集しておりますので、一緒に活動して頂けますと嬉しく思います。

【新型コロナウイルス(COVID-19・武漢ウイルス)対策について】

政府見解等では、東京都をはじめ全国で感染者数は減少傾向にあるとされておりますが、依然、予断を許さない状況にあると認識しております。

弊社としては、6月20日に発表しております対策を緩めることなく緊張感をもって日々業務を行っております。

以下、対策内容を再掲致します。

1.手洗い、うがい、消毒、マスクの装着等、感染予防として有効な手段の徹底

2.中国・韓国及び感染が確認されている地域への渡航禁止

3.中国・韓国及び感染が確認されている地域からの渡航者との接触禁止

4.感染拡大が指摘されている接待を伴う商業施設への出入禁止(俗にいう夜の街クラスターへの対応)

5.三密状態になる施設、イベントへの出入禁止

6.東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬以外へ移動を要する場合は、事前に会社の許可を得るものとする

7.会社に許可を得た上で、通勤混雑時間帯を外した移動の推奨

8.会社に許可を得た上で、自宅作業の推奨

9.社員は毎朝検温を行い、指定の記録シートを提出、体調不良を感じた場合は、速やかに会社に報告し、指示を受ける

10.客先及び関係先、家族及びその家族の就学先、就業先で、感染を疑われる方が発生した場合、速やかに会社に報告し、指示を受ける

可能な限り、業務に影響しないように対応したく考えておりますが、社員、その家族の健康、命の安全を第一に考え対応致しますので、関係各位におかれましたは、何卒、ご理解賜れますよう、謹んでお願い申し上げます。

【トップページの写真】

10月になりましたので、トップページのヘッダーのスライド画像(季節の写真)を変更致しました。

今回は、2020年10月1日に横浜・日吉から撮影したお月様です。

中秋の名月になります。

【弊社に対する電話、メールでの勧誘について】

まずは、お問い合わせをご覧下さい。

弊社HPを見たと前置きしての電話、メールを頂戴することが多々御座いますが、失礼ながらご覧頂けていないように感じます。

もし本当に、ご覧頂けているとしたら日本語読解力があるとは思えません。

特に求人情報系、案件募集系の企業の方々、五月雨式で電話、メールでの営業はかなり時代遅れと感じております。

また、抗議のメールを差し上げても、まず返信はなく、挨拶も出来ないのは、企業としての資質に大いに疑義を感じます。

そう感覚の企業様とは、お付き合いが難しいのではないかと考えております。

また、NTT等通信会社の代理店を名乗るコンシューマ向けサービスの勧誘を法人に行う感覚が理解できません。

ターゲットが違いますので、そのくらいは考えて行動頂ければ幸いです。

【韓国対応措置の強化の継続】

2019年1月11日に発令致しました韓国への渡航禁止、韓国製品及び企業にかかる提案対象の除外措置を継続しております。

本処置については、敵対的な態度を該当国及びその国民、国籍を有する者(在日籍を含む)が、改めない限り、解除する予定はありません。

このような処置にヘイトとの批判も頂戴しておりますが、弊社としては、逆に日本に対するヘイトであると考え、断固抗議するものであります。

暴力的な敵対言動を平然と行い、嘘を躊躇いなく言う民族から社員とその家族、お客様の利益を守ることは、日本国に籍を置く法人として当然の責務であり権利と理解しております。

【採用について】

2020年度の募集を実施しております。

画像解析、画像認識、人工知能等の技術にからむ提案や実証実験の対応、自然災害に対する防災・減災・安全に寄与するシステム作り、気象ビジネスへの対応を本年度も継続して実施しております。

特に気象ビジネス対応の増員は急務と考えております。

弊社の社内イベント等は、随時、弊社Facebookページで公開中です。

2020年9月1日

【第30期終了の御礼】

8月31日に無事に第30期を終えることが出来ました。

創業直後のバブル崩壊、リーマンショック、東日本大震災等の危機を乗り越え、また、この武漢ウイルス騒動の厳しい状況下、なんとか生業を続けることが叶っておりますのは、ひとへに皆様のお陰と改めて深謝申し上げます。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

【新型コロナウイルス(COVID-19・武漢ウイルス)対策について】

政府見解等では、東京都をはじめ全国で感染者数は減少傾向にあるとされておりますが、依然、予断を許さない状況にあると認識しております。

弊社としては、6月20日に発表しております対策を緩めることなく緊張感をもって日々業務を行っております。

以下、対策内容を再掲致します。

1.手洗い、うがい、消毒、マスクの装着等、感染予防として有効な手段の徹底

2.中国・韓国及び感染が確認されている地域への渡航禁止

3.中国・韓国及び感染が確認されている地域からの渡航者との接触禁止

4.感染拡大が指摘されている接待を伴う商業施設への出入禁止(俗にいう夜の街クラスターへの対応)

5.三密状態になる施設、イベントへの出入禁止

6.東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬以外へ移動を要する場合は、事前に会社の許可を得るものとする

7.会社に許可を得た上で、通勤混雑時間帯を外した移動の推奨

8.会社に許可を得た上で、自宅作業の推奨

9.社員は毎朝検温を行い、指定の記録シートを提出、体調不良を感じた場合は、速やかに会社に報告し、指示を受ける

10.客先及び関係先、家族及びその家族の就学先、就業先で、感染を疑われる方が発生した場合、速やかに会社に報告し、指示を受ける

可能な限り、業務に影響しないように対応したく考えておりますが、社員、その家族の健康、命の安全を第一に考え対応致しますので、関係各位におかれましたは、何卒、ご理解賜れますよう、謹んでお願い申し上げます。

【気象ビジネスコンソーシアム(WXBC)へのお誘い】

弊社は2019年4月から気象庁が取り纏めております「気象ビジネス推進コンソーシアム」(WXBC)に参加させて頂いております。

「気象ビジネス推進コンソーシアム」(WXBC)は、産学官連携による気象データを活用したビジネス(気象ビジネス)の推進を目指して、気象、IoT、AI等の専門家や幅広い産業分野の企業、気象事業者等を構成員として活動している集まりで、これまで参加させて頂いたセミナーや勉強会、また組織内のワーキンググループでは、気象学の基礎、気象データの取り扱い方のほか、幅広い業種の取組みやAIツール等最先端の技術動向についても触れることができ、とても役立っております。

是非、興味のある方は、WXBCのホームページPをご覧頂き、活動に参加頂ければ幸いです。

また、組織内のワーキンググループに人材育成WGがあり、弊社は今年度、グループ勉強会の1つとして「新型コロナウイルス×気象データ」の取り纏めも行っております。

こちらの勉強会では、感染学や新型コロナウイルスについて研究等を行っている方の参加を強く求めております。

いまいま、感染者データと気象条件の相関性は、季節性インフルエンザのように顕著にはない可能性も指摘されておりますが、まずは様々なデータを使用し検証してみたく考えております。

ご協力頂ける方を募集しておりますので、一緒に活動して頂けますと嬉しく思います。

【横浜商工会議所に参加】

7月中旬、お誘いを頂き、横浜商工会議所の末席に加えて頂くことになりました。

よろしくお願い申し上げます。

【ホームページフッターのリンク追加】

ホームページフッター部分のリンクに、湘南工科大学 工学部 電気電子工学科様、海上保安庁様の海洋状況表示システム「海しる」、横浜商工会議所様を追加致しました。

【トップページの写真】

9月になりましたので、トップページのヘッダーのスライド画像(季節の写真)を変更致しました。

今回は、2020年8月30日に山下公園から撮影した横浜大さん橋の夕暮れの風景です。

【弊社に対する電話、メールでの勧誘について】

まずは、お問い合わせをご覧下さい。

弊社HPを見たと前置きしての電話、メールを頂戴することが多々御座いますが、失礼ながらご覧頂けていないように感じます。

もし本当に、ご覧頂けているとしたら日本語読解力があるとは思えません。

特に求人情報系、案件募集系の企業の方々、五月雨式で電話、メールでの営業はかなり時代遅れと感じております。

また、抗議のメールを差し上げても、まず返信はなく、挨拶も出来ないのは、企業としての資質に大いに疑義を感じます。

そう感覚の企業様とは、お付き合いが難しいのではないかと考えております。

また、NTT等通信会社の代理店を名乗るコンシューマ向けサービスの勧誘を法人に行う感覚が理解できません。

ターゲットが違いますので、そのくらいは考えて行動頂ければ幸いです。

【韓国対応措置の強化の継続】

2019年1月11日に発令致しました韓国への渡航禁止、韓国製品及び企業にかかる提案対象の除外措置を継続しております。

本処置については、敵対的な態度を該当国及びその国民、国籍を有する者(在日籍を含む)が、改めない限り、解除する予定はありません。

このような処置にヘイトとの批判も頂戴しておりますが、弊社としては、逆に日本に対するヘイトであると考え、断固抗議するものであります。

暴力的な敵対言動を平然と行い、嘘を躊躇いなく言う民族から社員とその家族、お客様の利益を守ることは、日本国に籍を置く法人として当然の責務であり権利と理解しております。

【採用について】

2020年度の募集を実施しております。

画像解析、画像認識、人工知能等の技術にからむ提案や実証実験の対応、自然災害に対する防災・減災・安全に寄与するシステム作り、気象ビジネスへの対応を本年度も継続して実施しております。

特に気象ビジネス対応の増員は急務と考えております。

弊社の社内イベント等は、随時、弊社Facebookページで公開中です。


fb horse kiyokawa kiyokawa kiyokawa kiyokawa kiyokawa kiyokawa